読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロフィール写真・七五三・アクセスバーズ®の女性カメラマン|東京・横浜・出張

本来のあなたの中の美人を目覚めさせ、 あなたらしい人生を あなた自身で自由に描くお手伝い♪プロフィール写真、家族写真、七五三の出張撮影&アクセス・バーズ®のブログ。

★チャリティー企画★ギフトをつなげよう!かぞく写真撮影会

イベントのおしらせ

家族

11月10日(できれば、11月22日も)に
久しぶりに野外での「かぞく写真撮影会」を企画させていただきました。

今回、こちらで皆さんからいただいた参加費は
今、稽古中のギフト宮城・東松島公演(12月24日)の
活動費にさせていただきたいと思っているのです。

東松島の夏祭りのお手伝いに行った時の様子↓
子供の笑顔はやっぱり最高!
8/25 東松島市夏祭り チームサンタクロースステージの様子

実は先日、娘の通っている園で
被災地にいるともだち、
また、そのともだちのともだちに直接届く支援をしたい。の想いで活動をしている
どんぶらこの会の代表のお友達が
「ギフトの被災地公演を応援したい!」と言ってくれて
本当に涙が出るほど嬉しかったのです。

それと同時に
やっぱり、ギフトは私たち出演者だけでなく
たくさんの応援してくださる皆さんの想いで出来てる作品であること

そして、応援してくださる皆さんの想いを
被災地の皆さんに届けること、繋げることが私たちの使命なんだなと
あらためて思いました。

夏祭りの時に、被災地のみなさん、
本当にすごくあたたかく受け入れてくださって、力強くて。
でも、「東京の人はさ、もう、被災地のことなんて忘れちゃったんでしょ?」
そう、すこし寂しそうに笑う顔、私、忘れられないんです。

私、稽古を始めた頃、この作品を被災地で演じること、すっごく、すっごく恐かったです。。
でも、今は、今だからこそ、伝えなきゃいけないことがあるって、思っています。

すっごく、前置きが長くなってしまうんですが、もう少し、お付き合いくださいっ!

それで、どうして、今回、かぞく撮影会なのかというと

その、どんぶらこの会が
みんなが無理することなくできることを持ち寄って
バザーをしたり、クリスマス会をしたり、
被災地のものを取り寄せて夕涼み会をしたり・・・
主催する方も、参加する人も、いつも楽しいのでそういうのがいいなっていうのと

私が楽しくできること=かぞく写真を撮ること
こんな、ふらふらしている私ですが
イワサキナオミの原点はやっぱり、ここにあり!なのです。ふふ。

それから、やっぱり、家族写真は、
いろーんなことがあっても
家族で揃って写真を撮ることができるってことは
今、一緒に居られるってことは
ギフトそのものでしょうって
私は信じてます。

ご家族の大切な1枚になるよう
丁寧に心をこめて切り取らせていただきたいなと思っています。


そんな、こんなで、ここまで、すごく長くなってしまいましたが
いいんです、いいんです。
「年賀状の写真どうしようかなぁ」そんな時期にもなってきましたので
参加される方は、どうぞ、お気軽に参加していただけたら嬉しいです。

また、メッセージなどが書けるものもご用意できたらなと思いますので
もし、被災地の皆さんにメッセージがありましたら
どうぞ、よろしくお願いします!


■日時■ 
11月10日(土)
1家族さま30分単位で事前にご予約を受付させていただきます。
お子さまの様子を見つつ撮影させていただきます。


A 10:00〜10:30
B 10:30〜11:00
C 11:00〜11:30
D 11:30〜12:00
E 12:00〜12:30

F 12:30〜13:00
G 13:00〜13:30
H 13:30〜14:00
I 14:00〜14:30
J 14:30〜15:00
k 15:00〜15:30
L 15:30〜16:00

■場所■ 
大塚・歳勝土遺跡公園(詳細はお申し込み後お送りいたします。)
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/ootuk/ootuk.html

■参加費■
¥4000 (ギフト宮城・東松島公演の活動費にさせていただきます。)
後日、いただいたメールアドレスにインデックスを送らせていただきますので
その中から5カットお選びください。
データー5カットは
宅ファイル便にて1週間以内にお送りさせていただきます。
http://www.filesend.to/

■お申し込み■
下記フォームよりよりお願いいたします。
http://form1.fc2.com/form/?id=541197

■撮影に関して■
こちらで、小道具等の準備はございません。
いつもの皆さまでお越しください。
お子様と楽しめる、お子様の大好きなものを
お持ちいただくと良いかもしれません。

子どもたちは、初めての場所、自分のペースで動けないことをとても嫌がります。
撮影時間には余裕をもって、お出かけください。
撮影はご家族で楽しく過ごしている様子を切り取っていけたらなと思っています。