読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロフィール写真・七五三・アクセスバーズ®の女性カメラマン|東京・横浜・出張

本来のあなたの中の美人を目覚めさせ、 あなたらしい人生を あなた自身で自由に描くお手伝い♪プロフィール写真、家族写真、七五三の出張撮影&アクセス・バーズ®のブログ。

クレヨンハウス

日々

久しぶりにクレヨンハウスに行ってお店の前に書いてあった
落合恵子さんの言葉。
ちょっと長いけど・・・私が忘れないために書いておきます。

「知らなかった、知らされなかった、知ろうとしなかったわたしたちが、ここにいる。
それらすべてを丸ごと背負って、わたしたちは、いま、ここから、再びのはじめの一歩を
踏みださなくてはならない」
これは、チェルノブイリ原発事故の直後、わたしが書いた脱原発のメッセージの一部だと、
5年たったいま、ひとから教えられた。あの時も「そう」考えていたのだ。
それにもかかわらず、「ここまで」きてしまった。

わたしたちは知っている。
決して事故を起こさない機械はなく、老朽化も含めて、
原子力発電所がひとたび事故を起こしたら「どう」なるのかも。
自然への畏敬を忘れ、この地震大国に54基もの原子力発電をつくってしまった責任は、
ほかでもないわたしたち大人にある。
わたしたち大人の愚かな選択のために、子どもたちは、原子力発電の被害者として生まれて、
生きていく社会になってしまった。

かつてクレヨンハウスは、チェルノブイリ原発事故のあと勉強会をし、ささやかながら反対運動もした。
しかし、それを持続してこなかった。
ほかにやることがいっぱいあって、という言いわけが子どもたちに通るわけがない。
責任はきわめて大きい。
その反省から、このブックレットを創刊する。
この小さなメディアをつくりつづけながら、「あなた」と柔らかくつながり、共に勉強していこうと思う。
もう、知らないとは、知らされなかったとは、知ろうとしなかったとは決して言えない。
サブタイトルの「わが子からはじまる」は、そこから出発し、けれど血縁を越えて、という意味である。

わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレットシリーズ

4月にはクレヨンハウスさん主催で小出裕章さんの 「反原発教室」 があります。