プロフィール写真・七五三・アクセスバーズ®の女性カメラマン|東京・横浜・出張

本来のあなたの中の美人を目覚めさせ、 あなたらしい人生を あなた自身で自由に描くお手伝い♪プロフィール写真、家族写真、七五三の出張撮影&アクセス・バーズ®のブログ。

これも記念

応援してるチームが勝つのは嬉しい!・・・な
サッカー観戦後、娘があつい。

周りでは夏風邪が大流行してるし
あらあら、来ちゃったかと思いつつ

次の日は午前も午後も東急BEさんの講座だったので
夜中、度々、起きる娘に付き合いながら
ベッドの横で座ったまま寝てしまったりして
(横になったら、起きられる自信は全くないから)
講座内容の最終的な詰めをする。

ベースは変わってないけど、
子どもとの時間を重ねれば重ねるほど
私も成長していると信じたいし
参加して下さってる皆さんの雰囲気にもよるし

大体、こういうこともあるんだから
もっと、ちゃんと、前もって準備すればいいんだけど
直前まで、毎日、色んな出来事がある中で
あ!これは伝えたい!ってことが出てくるから
もう、これは、仕方ないよね。

誰かの期待に応えようというんじゃなく
今の自分のベストでありたい。

「えらいねー。よく頑張ってるねー。
大丈夫。こっちゃんなら乗り越えられるよ。
ママも頑張ってくるね。
ママが帰って来て、お熱が下がっていたら
いっぱい遊びたいな。」

と、あとは、パパに任せて

今回は講座も終盤になってきたので

「技術より大切なこと
やっぱり、私はママだから撮れる写真にこだわりたい」
ってことを、お話させていただきました。

オシャレで素敵な写真はスタジオに任せればいいんじゃないかなーって
それが私の最近の結論。

子どもとの生活は全然オシャレなんかじゃないし
以前、日本冒険遊び場づくりの天野さんのお話を伺った時に
「子どもはAKUだ。あぶない。きたない。うるさい。
この姿を誇らしげに見ていられるところは、ほとんどない」なんておっしゃってたけど。

そこで、今回は、お子さんのことを、50個ぐらい、書きだしてもらって
改めてお子さんをよく見てもらいました。

都合が悪いと寝ちゃう。
必ずぞうの耳を触りながら寝る。
トトロのめいちゃんになりきる。
お風呂の後は裸で過ごす。
なぜか「はい。」だけは野太い声になる。
自分の本当に欲しいものがある時だけは立ち上がって歩く。
絵本の真似が好き。
櫛をピアノに見立てて、演奏する。
痛いのには強いけど、悔しいと泣く。
おっぱい星人
  ・
  ・
  ・

などなど、出てくる。出てくる。
小さなお子さんの多いクラスなので
いっぱい、可愛い、面白いお話が聞けました。

書き出してて、
「あー。これも、これも撮ってあげてないなぁ」
なんておっしゃってた方がいたけれど

そうなんですよね。

でも、それが
「その子」の「今だけ」の姿です。
その瞬間を、たくさん残していくことができたらいいですよね。

その瞬間を楽しんで温かく見守ってくれる大人がいるということ
それを感じながら、それを栄養として
子どもは大きくなっていく。はず・・・

いつか、見た時に力になってくれる。はず・・・
これは、きっと、私たちにとっても。

私もまだまだ、ひよっこママです(笑)

自分で言っていて、耳が痛いこともしばしばです。

がんばろっ(笑)