読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロフィール写真・七五三・アクセスバーズ®の女性カメラマン|東京・横浜・出張

本来のあなたの中の美人を目覚めさせ、 あなたらしい人生を あなた自身で自由に描くお手伝い♪プロフィール写真、家族写真、七五三の出張撮影&アクセス・バーズ®のブログ。

『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会

P6258028-2.jpg

6月30日(木)・7月1日(金)にあざみ野で
ミツバチの羽音と地球の回転』上映会があります。

以前、お世話になったピグミー育成社のたっちゃんが
特別にシッティングプランを用意して下さいました。

長くなりますが、たっちゃんからのメールを転記させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさんこんにちわー、たっちゃんです!

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の
あざみ野上映会もあと一週間と迫ってきました!

ピグミー育成社でもこのあざぶんプロジェクトと映画ミツバチ〜を応援できないかと特別シッティングプランを立てましたがな、な、なんと、あざぶんPJさんにとっても喜んで頂き、代々的にこの取組を紹介してもらいました!こども、未来、自然育児、自然エネルギー、教育。どんどん繋がりますねぇ

あざみ野ぶんぶんプロジェクトのWEBサイト
http://azaminobunbun.blogspot.com/

あざぶんのキタハラマドカさんは
先週映画の舞台となっている祝島を訪れたそうです。
どうしたら持続可能なエネルギーにシフトしていけるのか
一人ひとりの意識と行動でしか変えられませんが
一人ひとりの意識と行動で変えることができます

日本全体が盛り上がってきていますね!
この機会に是非ご覧下さいませぇーー

たまにはこどもと離れて映画見てお茶してゆっくりしませんか!?
http://ameblo.jp/pygmy-jp/entry-10929884949.html

ミツバチの羽音と地球の回転』上映会チケットプレゼント&シッティングプラン

【あざぶん応援シッティング料金】
映画見てゆっくり過ごせるプラン \5,000/8時間
(なんと!?チケット料金\1,500込&登録料\3,000無料!!ワオー)
※別途保険(\750)に加入して頂きます。
上映時間に合わせて9:00〜20:00まで営業しています!

以下あざぶんメルマガを転送致します!

たっちゃん

>>>>>>>>【転送歓迎】<<<<<<<<
このメールは、あざみ野ぶんぶんプロジェクトにご興味を持ってくださる
みなさんに一斉送信しております。ご不要の方はその旨ご一報ください。
転送された方で直接配信をご希望の方は、azaminobunbun@gmail.com
までお申し出ください。
なお、このメールマガジンの文章は一部抜粋してあざみ野ぶんぶん公式ブログ
http://azaminobunbun.blogspot.com/
にも掲載しております。

 * * * * * * *

上映会までいよいよ1週間を切りました。
読売新聞、TOKYO HEADLINE、タウンニュースなど、
さまざまなメディアに取り上げていただき、
チケットもぶんぶん動いています。
登山で言えば8合目。
当日、頂上から見える景色はどんな感じなのだろう……
今から皆さんと会場で出会えること、楽しみにしています!!


<1・前売券の販売は6月29日までです!>
おかげさまで6月30日(木)午前の部は前売完売間近です。
(当日券の分を若干数残しております)
完売の場合は、ブログでアップいたしますので、ご確認よろしくお願いします。

前売券の発売は上映会前日、6月29日までといたします。
30日以降お買い求めいただく場合は、当日券扱いとなりますので、
ご了承ください。


<2・前売券販売協力店を追加しました>
ぶんぶんチケットの取扱店は、たまプラーザのオーガニックカフェ・ソワにて
承っているほか、上映会の趣旨に賛同した個人の方にご協力いただいています。
また、何店かのお店にもチケット販売をご協力いただいています。
下記のお店で取り扱いがございますので、お近くの方はご協力店舗でも
お買い求めいただけます。

<あざみ野>
スペースナナ

青葉台
ウィズの森

玉川学園
あしたば


※ただし、前売券の販売は29日(水)までです!


<3・自然育児託児「ピグミー育成社」の「あざぶん応援プラン」!>
二子玉川のワイルドな自然育児シッティングサービス「ピグミー育成社」さんが、
あざみ野ぶんぶんプロジェクト応援シッティングプランを用意してくれました!
http://ameblo.jp/pygmy-jp/entry-10929884949.html

なんと、映画を観てゆっくり過ごせるプランとして、
8時間5000円、しかもチケット料金(当日1500円)と登録料3000円込み、
という、びっくりプランです(別途保険加入・750円)。
しかも上映時間にあわせて、当日の営業時間を9:00〜20:00まで拡大。

あざみ野ぶんぶんPJでは、小さな子どもを抱えるお母さんにぜひ
映画を観ていただきたいと思い、地域の託児情報などを提供してきました。
その活動に共感してくれたピグミー育成社代表の大黒竜也さん(通称:たっちゃん)
からの、地域のママたちへのプレゼントに、とても感激しています。

たっちゃんからの1日プレゼント、こんな風に過ごしてみては?
【過ごし方ご提案】
11:00 預ける(笑顔でバイバイ)
12:00 友達とランチ(眠たくならないように腹八分で!)
13:30 会場入り(良い席確保)
13:45 講演&上映(見る、聞く、考える、即行動に移す)
16:30 友達と食事orお茶&お喋り(映画のこと、子育てのことなどネタ満載)
19:00 移動(帰りたくない気持ちを押さえて愛息子・娘の元へ)
20:00 お迎え(ハグハグギュー。ママも子も成長してサヨウナラ)

たっちゃんは、「赤ちゃんや幼児を持つママが何も気にせずどこでも
いける社会にしたい。ハードの部分だけではなく、ソフトの部分でも
バリアフリーな社会構築をしていけたらと思っています」
と話しています。
あざみ野ぶんぶんの活動を通じて、地域の中で、様々な業種業態の人々が
手を取り合い、有機的な関係をつくっていく……
上映会の今後に続くつながりに、感謝! みんなでロコ愛育みましょう!

ピグミー育成社の「生きる力を育むシッティング“アースキッズ”」の情報はコチラ
http://ameblo.jp/pygmy-jp/entry-10901800996.html


<4・「わたしのエネルギーシフト宣言」募集します!>
上映会では、映画に描かれている世界を楽しんでいただきたい。
そこで何を感じ、どんなメッセージを受け取るかは人それぞれ。
でも、わたしたちはちょっぴり欲張りなので、
上映会をきっかけに、地域の未来をみんなでよくしていきたい、
ピョコピョコッと生えてきた芽に水をやり大樹を育てていきたい……
なんて思ってしまっています。

上映会で「わたしのエネルギーシフト宣言」を募集します。
パンフレットと一緒にちょっとしたメッセージペーパーをお渡しします。
そこに、映画を観た感想や、エネルギーシフトのために自分が
チャレンジしてみたいこと、祝島の方々へのメッセージなど、
ご自由に「何か」をご記入ください。
会場入口付近のボードに、貼付のマスキングテープでぺったんしてください。

今後の勉強会の参考にしたり、監督や祝島の方々にお伝えしたり、
ブログやメルマガでご紹介したり……と考えています。


<5・キタハラ、祝島へ行ってきました!!>
6月18日(土)、あざぶんキタハラは、映画の舞台でもある祝島に行ってきました。
祝島はとても遠い。前夜広島に入り、朝早くの新幹線で山口県の徳山まで。
徳山でレンタカーを借り、光市、上関町と沿岸に向かいクルマを走らせ1時間ほど。
室津港から約40分、いくつかの港に寄港しながら祝島へ。

先週、自然エネルギー100%を実現し、地域経済の活性化に成功したデンマーク
サムソ島から、運動を引っ張ってきたサムソ・エネルギー・アカデミーの
ゾーレン・ハーマンセン氏が来日しました。
それに合わせ、ISEPの飯田哲也氏とゾーレン氏が祝島に渡航し、
祝島での自然エネルギー100%の実現を目指すための講演会を島で開催しました。
その取材が目的でキタハラも初めて祝島に渡りました。

その日は曇り空。途中から霧雨に降られるあいにくの天気でしたが、
かすむ海の向こうに見えてきたのは毎日パンフレットで眺めているあの町並みでした。
周囲わずかに4km、港に面したおおよそ1kmのとても小さなエリアに住宅が密集し、
兄弟姉妹のように仲良く近しい人々が、お互いを敬い労り合いながら、
慎ましやかに、静かに、生きている町でした。

祝島で感じたこと。それは、自然エネルギーとオーガニックな一次産業は
「循環」というキーワードでつながっているということ。
詳しくはジアスニュースの連載でお伝えしています。
http://theearthnews.jp/feature/2011/06/20.php



<6・キタハラの連載情報<顔の見えるエネルギー ロコ・エネの種をまこう>
あざみ野ぶんぶんプロジェクト実行委員のキタハラマドカ(森ノオト編集長)の
連載「顔の見えるエネルギー ロコ・エネの種をまこう」より、
http://theearthnews.jp/feature/locoene/
今回は、環境経済学の世界的権威でもある、京都大学大学院の植田和弘教授の
インタビューをご紹介します。

植田先生は今回の原発事故の原因の一つに、
テクノロジーがあまりに高度に複雑化し、私たちの生きる現場から遠く
離れてしまったことにある、つまり「人の顔をしていない技術」なって
しまったことにあると話します。
今後のエネルギー政策を考える際に主眼に置くべきなのが、自然と人間との
共生であり、自然や生物の生き方に依拠した「ネイチャー・テクノロジー」
であるべきだ、と。

これまでエネルギー問題は、エネルギー安全保障の観点から国策として扱われ、
エネルギーと市民の生活が遠くなり、一人ひとりが自分の問題としてとらえにくく
なった日本社会の構造についても言及。有権者が自分でエネルギー政策を決めることが
できないので、関心を持てないのも致し方がないことと植田先生。

地方自治体で「エネルギー課」があるところはごくわずか。
ゴミ問題と同じように、エネルギー政策を分権化し、
自然エネルギーによるエネルギーの地産地消が進めば、
自然と共生する地域経済や地域社会が実現できるようになります。

植田先生のインタビューはこちらでご覧いただけます。
http://theearthnews.jp/feature/2011/05/15-1.php



いよいよ次号が上映会前最終のメルマガとなります。
上映会前日の水曜日のお送りします。
おそらくそのころには、30日午前の部が前売完売になっているはず……。
一人でも多くの方々と、エネルギーの問題を共有し、未来を考えていきたい。
いよいよ、いよいよ、来週です!!!
今週も最後までお読みくださいまして、ありがとうございました!!!


(文責・キタハラマドカ)

energy shift! >> next future >>

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会&鎌仲ひとみ監督トークショー
日時 6月30日(木)・7月1日(金)
<午前の部> 映画上映 09:45-12:00 監督講演 12:00-12:30
<午後の部> 監督講演 13:45-14:15 映画上映 14:15-16:30
会場 アートフォーラムあざみ野(1階レクチャールーム 定員194名)

前売料金 1300円 当日料金 1500円

主催:あざみ野ぶんぶんプロジェクト
問い合わせ先:オーガニックカフェソワ〔礎・波〕TEL045-904-1286
E-mail azaminobunbun@gmail.com
URL http://azaminobunbun.blogspot.com/