プロフィール写真・七五三・アクセスバーズ®の女性カメラマン|東京・横浜・出張

本来のあなたの中の美人を目覚めさせ、 あなたらしい人生を あなた自身で自由に描くお手伝い♪プロフィール写真、家族写真、七五三の出張撮影&アクセス・バーズ®のブログ。

波のように

波のように生きてる。
寄せては返す波のように。

娘が産まれて、はじめて、わんわん泣いて
泣くことが、こんなに体力のいることだったのかと
娘を尊敬する今日この頃。

私の母が泣かない人だったから。
いや、違うかな。
泣かせてあげられなかった。

でも、出さなきゃ、入ってこないんだって
なんとなく、最近はわかる。


年末にある決断をしてそのことをはじめて人に
soraちゃんに話して
私としては一大決心だったんだけど
「いいんじゃない。」と一言言って貸してくれた本。

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)自分の仕事をつくる (ちくま文庫)
(2009/02)
西村 佳哲

商品詳細を見る

たぶん、私は自らこのような本を選ぶことはないと思う。
はじめ、少し読んだだけで鳥肌が立ち
なんか、ずごく納得できた本。
特別な人ばかりの本に見えがちだけど
私はこの本は、何度も何度も読み返すことになるだろうと思う。


そして、その続編?も思わず、すぐに探し

自分をいかして生きる自分をいかして生きる
(2009/09/17)
西村佳哲

商品詳細を見る

こちらは、母としても生きている自分を
すごく誇らしく思えた1冊。
母という言葉は、多分、子育てという言葉も
一度も出てこなかったと思いますが。

だって、母業は「人には任せることができない」
私はそう思います。

soraちゃん、本当にありがとう。


そして、ここのところの出会いが
あとから、あとから、じーんときています。

羊毛ワークの主催者emiko.hさんは以前にも少し紹介しましたが・・・

 わたしの「手」だけじゃなく、

 みんなの「手」が、すごいんだよ

 といいたくて。

私もte+teなので、もうなんか、わぁ!って。
参考にしようとか、そんなつもりはなかったのですが
atelier te+teもあんな空間に近づけたらいいな。


そして、ワークをご一緒したそらさんの言葉。

わたしたちは

わたしたち魂は
すべてを決めて生まれてきている

そう信じてみたら
どうだろう。

すべてを 決めて生まれてくる。

今 動けないことさえも。


それなら、恐れることは何もない。

ましてや、責めることなんてあるはずがない。



そして、また、私はこんなお話を思い出していました。

 あかんぼう達は、
 空のうえからお父さんとお母さんになるひとを探して、みつけて
 あの人たちのところへ行きたい、って神さまに言うのです。

 でも、神さまは、あそこに行っても幸せばかりじゃないぞ、
 こんな辛いことやあんな苦しいこともあるんだぞ、
 って見せるのです。

 でも、それでも行くんです!!
 そう決めた赤ちゃんだけが、
 お母さんのお腹のなかに入ってみることができるのです。

またまた、ワークにご一緒したhoneyjamさん
私も以前、置かせていただいていた雑貨屋さんの作家さんでした。
もちろん(笑)atelier te+teにもお呼びする予定です!


P1224379-pola.jpg

今、私のまわりでは、おめでとー!が溢れてて。

なになになに〜?な毎日に
これはこれは、ベビーちゃんもきてくれるんじゃない?

なんてルンルンでえっちゃんに髪切ってもらおうと連絡したら
日吉の美容室 marble
かなりオススメです!紹介します!と
娘も申しています(笑)
その際は慶応の日吉キャンパスで是非、ランチを(笑)

そこでも、また、なんだか繋げていただいて
ホメオパス原田有美さん
バッサリ、髪を切ってしまうし。
有美さんいわく
「男の子がやってくる」そうだ。

夢か現実か、前進しているのか後退しているのか
なんだか、よくわかりませんが
自然に任せています。

きっと、すべてを決めて生まれてきたのだから。

ありがとう〜!